免震補強をする|新築もリフォームも工務店におまかせ|納得のいく住居空間

新築もリフォームも工務店におまかせ|納得のいく住居空間

積み木

免震補強をする

家

神戸市に住んでいなくてももはや他人事ではなく、日本に住んでいる以上、どこでも地震が起こりうることは歴史を学んだ人間ならわかるはずです。そこで、事前の対策として注文住宅を建てる時に耐震補強を施した住宅にしておく必要があります。基本的には建売住宅も注文住宅も、マンションでも人が居住する建物は最低限の耐震基準はクリアしていますので、問題ありませんが、それでも一部の住宅で被害が出てしまうというのは阪神淡路大震災の結果から学べることです。そこで、家族を守るために耐震補強を施します。

ただ、注文住宅を建築するのであれば、耐震補強以外にも免震補強という方法があります。免震補強とは注文住宅を建築する前に家の基礎と建物の間に表層ゴムなどの免震の仕組みを入れる方法です。表層ゴムなどが地震の揺れを和らげてくれます。耐震補強との違いは、耐震補強が揺れを真正面から受けるので、住宅の倒壊は逃れても家具や本棚、食器棚などが倒れてきて大けがをする時があります。これに対して免震補強は、そもそも建物の揺れを表層ゴムが抑える働きがあり、建物自体がそれほど揺れないので、家具や本棚、食器棚が倒れる恐れが少ないのがポイントです。価格は耐震補強で平均予算が120万円ほど、免震補強で300万円ほどがかかります。