省エネ効果で節電|新築もリフォームも工務店におまかせ|納得のいく住居空間

新築もリフォームも工務店におまかせ|納得のいく住居空間

積み木

省エネ効果で節電

部屋

高気密への取り組みについて

住宅を建てる場合において、最近注目が高くなっているのが高気密住宅である。高気密住宅とは、気密性を高めることで冷暖房などの暖気や冷気を逃がさないようにするための工夫が行われた住宅のことである。具体的には、天井や壁、窓のサッシなど外気が入り込む隙間を極力減らし、気密性を高めることが行われる。高気密住宅として建設することで、エアコンを付けた場合にその効率を上げることが可能になり、省エネに繋げていくことが可能になる。マンションなどでは、気密性が高いものも多いが、一戸建て住宅では気密性が低く、エアコンの効果を持続し辛いなどの問題点がでていた。しかし、一戸建て住宅を建てる際、高気密住宅とすることで、これらの問題を解消することができる。

高気密住宅とそれを扱う業者について

高気密住宅は、最近ではその認知が広まっており、これらを扱う業者も増えてきている。新築住宅として、ハウスメーカーや工務店などが気密性を重視した住宅を建てるケースや、注文住宅において気密性を考慮して建ててもらう方法など様々となっている。また、最近ではリフォームとして高気密住宅にするケースもあり、それらを扱う業者もでている。高気密住宅では、建物の隙間を極限まで減らしたり、断熱材を使用することで冷気や暖気を逃さないようにする工事が行われる。特に、断熱材による方法では、その素材として様々なものが開発されており、どのような断熱材を入れるかによっても、効果が大きく変わる傾向がある。これらを利用する際には、コストとその効果を考慮して利用することが重要になる。